ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

日本の名城20選(5)・函館五稜郭

旅行

日本の名城20選(5)・函館五稜郭

函館五稜郭

五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館(現在の北海道函館市)郊外に建造された星形の城郭である。
「五稜郭」と呼ばれるが、単に「五稜郭」といえば函館の城郭とする場合も多い。

五稜郭は箱館開港時に函館山の麓に置かれた箱館奉行所の移転先として築造された。
しかし、1866年(慶応2年)の完成からわずか2年後に幕府が崩壊、短期間箱館府が使用した後、箱館戦争で旧幕府軍に占領され、その本拠となった。

明治に入ると郭内の建物は1棟を除いて解体され、陸軍の練兵場として使用された。
その後、1914年(大正3年)から五稜郭公園として一般開放され、以来、函館市民の憩いの場とともに函館を代表する観光地となっている。

1964年(昭和34年)、五稜郭築城百年を記念して、南隣に高さ60メートルの五稜郭タワーが開業。
1970年(昭和45年)からは毎年5月に「箱館五稜郭祭」が開催され、箱館戦争の旧幕府軍・新政府軍に扮した「維新パレード」、土方歳三の物まねを競う「土方歳三コンテスト」などが行われている。
そのほか、1988年(昭和63年)から五稜郭の土手や堀を舞台に市民ボランティアが函館の歴史を演じる「市民創作函館野外劇」や、1989年(平成元年)からは、冬の夜間に五稜郭のライトアップを行う「五稜星の夢」が始まり、現在まで続いている。
近年では、2006年(平成18年)に五稜郭タワーが高さ107メートルの新タワーに改築され、新幹線の開通と共に多くの観光客が来訪している。

五稜郭タワー

函館五稜郭タワーの画像。高さ107メートル。

タワーからの展望

五稜郭公園の桜

12

関連記事

ピックアップ!


ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

カテゴリー

月別アーカイブ