ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

日本の名城20選(6)・首里城

旅行

日本の名城20選(6)・首里城

首里城、歴史に翻弄された沖縄の城

 首里城は政治・軍事の拠点であるとともに、琉球有数の聖域でもあった。
 以前は城内には十か所の御嶽があり、また首里城内郭の南側の大きな範囲を「京の内(けおのうち)」と呼ばれる聖域が占めていた。
「京の内」は十か所の御嶽のうちの数か所と、鬱蒼とした大木の森や岩があるだけの場所だったが、この森こそが首里城発祥の地であり、首里城を国家の聖地とさせている重要な場所であった。
 当時は神女たちが京の内で祭祀を行っていたが、その祭祀の内容やはっきりとした京の内内部の様子はいまだによくわかっていない。
 ここで行われた祭祀の研究に基づき公開に向けての整備工事が進められ2003年に公開されている。

 敷地内の御嶽等は単なる遺跡ではなく、現在に至るまで信仰の対象であった。
 琉球大学があった頃には、立ち入りが自由であったため、その構内のあちこちの拝所には常に線香やウチカビ(紙銭)が供えられ、主として女性の拝む姿がよく見られたものである。
 しかし、首里城の復元によって無断の立ち入りが禁止となってしまった。このため「首里城の建物は復活したが拝所としては破壊された」との声もある。

<紹介>
別名 御城(ウグシク)
城郭構造 山城
天守構造 なかったと推測される
築城主 不明
築城年 14世紀末(推定)
主な改修者 尚巴志
主な城主 第一尚氏、第二尚氏
廃城年 1879年(明治12年 首里城明け渡しの年)
遺構  石門、石垣
指定文化財 国の史跡
世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)
再建造物 正殿・門・御嶽・城壁

 (参考:日本の100名城、ウィキペディア)

首里城パワースポット巡り

空からみた首里城

住所 沖縄県那覇市首里金城町1丁目2
アクセス ゆいレール首里駅から徒歩15分
営業期間 通年
営業時間 8:30~18:30(閉館19:00、時期により異なる)
休業日 無休(7月は第1水曜とその翌日休)
料金 入館料(正殿、南殿・番所、書院・鎖之間、北殿、奉神門)
    大人820円、高校生620円、小・中学生310円、6歳未満無料
カード利用は不可
駐車場 あり
駐車台数 約100台
駐車料金 有料
電話 098-886-2020 (首里城公園管理センター)

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!


ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

カテゴリー

月別アーカイブ