ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

日本の名城20選(12)・岡山城

旅行

日本の名城20選(12)・岡山城

別名 烏城、金烏城
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 複合式望楼型4重6階(1597年築)
     (鉄筋コンクリート造外観復元・1966年)
築城主 上神高直(と言われている)
築城年 1346年 - 1369年(正平年間)
主な改修者 宇喜多秀家、小早川秀秋、池田忠雄
主な城主 宇喜多氏、小早川氏、池田氏
廃城年 1873年(明治6年)
遺構  櫓、石垣、堀
指定文化財 国の重要文化財(月見櫓、西の丸西手櫓)
      国の史跡

 岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地に建設された。
当時、旭川河口部はいくつかの小さな川に分岐していて、その中の大洲原と呼ばれる広いデルタ地帯中央に「岡山」(柴岡山とも)、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」(天満山とも)の3つの丘が連なっていて、、各時代ごとに要害として使用されたとされる。
 その中の石山にあった石山城(いしやまじょう)に宇喜多直家が入城・改築し、後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設けた。
 石山城の天守は4重6階の複合式望楼型で、特に初重平面形状が歪んだ多角形をしているため、同じく歪んだ多角形平面の天守台を持つ安土城天主を模したものではないかと言われている。
 しかし、羽柴秀吉による大坂城天守を模しているという説もある。
 その外観は黒漆塗の下見板が特徴的で、この印象から「烏城(うじょう)」とも呼ばれ、同じ山陽道の隣県の「白鷺城(はくろじょう)」とも呼ばれる姫路城と対比されることもある。
 元禄時代の古地図からは、五重の濠に囲まれた城郭と、南北3.5km、東西1.3kmにおよぶ城下町の姿が伺える。

住所   岡山県岡山市北区丸の内2丁目3-1
アクセス JR岡山駅から岡電東山行きで4分、城下電停下車、徒歩10分
営業期間 通年
営業時間 9:00~17:00(閉館17:30)
休業日  12月29~31日のみ休
料金   大人300円、小人(5~14歳)120円
     特別展は別料金
カード利用 利用不可
駐車場  あり
駐車台数 50台
駐車料金 有料
電話   086-225-2096

(参考:岡山城公式ホームページ、日本100名城、ウィキペディア)


岡山城の縄張り
1974年度・国土航空写真より

岡山城の平面図

後楽園・岡山城

ロシア民謡「心騒ぐ青春の歌」を聞きながら・・・

12

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!


ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

カテゴリー

月別アーカイブ