ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

安産の神様、宇美八幡宮

旅行

安産の神様、宇美八幡宮

安産の守り神・宇美八幡宮

巫女日記よりご紹介します


 宇美八幡宮は、神功皇后が韓国の征伐から戻られる途中、出産の場所としてこの地に滞在されました。

 そばにある槐(えんじゅ)の木の枝に取りすがって、安産されたことからこの地を宇瀰(うみ)その後、宇美(うみ)と称されました。

 この時お生まれになったのが應神天皇です。

 産舎の四辺に八つの幡を立て、兵士に守らせた故事が、「後世八幡大神と称するは此故なり」とも伝えられています。

 八幡大神御降誕の聖地として、西暦570年頃に創建され、先ず神功皇后と應神天皇の母子神をお祀り致し、現代まで伝わっています。

 境内には、樹齢二千年以上と推定される、国指定天然記念物「湯蓋の森」「衣掛の森」という二本の老大樟(くす)を始め、数多くの大樟が生い茂り、若葉の季節となれば、萌えるような御神威の「生命の息吹」を今日に伝えています。

 この樟(今では楠木も使います)は地元の宇美中学校・校歌に「千古に薫る楠の森」と歌われている程親しまれています。

 安産・育児の守護神、「子安大神(こやすのおおかみ)」と称され、今も多くの人々にお参り頂いております。

(参考:宇美八幡宮 公式ホームページ)

巫女のひとりごと

 うちのお宮は子安の宮なので子供さんの為のお宮といっても過言ではありません。

 お宮参りの祈願をお受けになられた方には特別にとってもかわいい御守りを授与させていただいています。

 この御守りは小鳩なのですが・・・みなさんヒヨコのように思っていらっしゃるようです。

 まあどちらにしてもかわいいんですが、なんとこの御守りはおなかのところを押すときゅっきゅってなるんです。


子安のお守り


 あたしたちは、祈願の方が受付をされているときにこの御守りを差し上げる準備をするのですが、差し上げる前に、きゅっきゅってお子さんの前で二回鳴らしてから差し上げてます。

 健やかに成長しますように って願いを込めて鳴らしているんです。

 これは秘密の事だったんですがおしえちゃいました。

 もちろんお子さんは生まれたばかりなのでそんなことはお分かりにはなりませんが・・・

 きゅっきゅってならしたら、受付をされている親御さんがたまにびくっっってされるのでそのときはごめんなさいって思いますが・・・

 みなさんもうみはち特別 子安御守り をお子さんに願いを込めて鳴らしてみてください^-^

無事に出産した方のコメントです

1

関連記事

ピックアップ!


ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

カテゴリー

月別アーカイブ