ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

桜を追う旅~(1)沖縄の桜の咲き方は変?

旅行

桜を追う旅~(1)沖縄の桜の咲き方は変?

桜を追う旅~(1)沖縄の桜の咲き方は変?

 1月14日からさっそく「桜を追う旅」で、「寒緋桜」を求めて沖縄へ。

 この桜の状況は、沖縄で観光バスガイドをしているAさんにから、一応1月中旬が見ごろになるということから日程を選択。ホテルはこれもAさんのお勧めで「ムーンビーチ」というリゾートホテルに決定。

 目的の寒緋桜も満開の木があり、中には散り始めているものもあった程です。この桜並木は「八重岳(やえだけ)」という山の麓から山頂に続く道路沿いに咲いているものです。私がここを訪れたのは16日でしたが、中腹にある広場では19日から27日までが「桜まつり」期間となっていて、出店の準備がなされているところでした。

 🌸 沖縄の桜が変な事 その1

 不思議なことに山頂に近付く程に開花が進んでおり、麓の方はぱらぱらの状況でした。Aさんは「三分咲きくらい」と教えてくれたので、それくらいでも仕方がないと思っていました。

 でも山頂に近付くにつれ、ほとんどの木の花は「ほんのりと桜色」の例えのような薄いピンクでしたが、私が抱いている色は赤に近い濃いピンク。その色を見つけた時は思わず歓声を上げたほどです。

 つまり、麓から山頂に近づくにつれて開いている花の量が多いのです。これは私たちの常識からすると「変なこと」です。

 この色に初めて会ったのは小田原城の庭園でした。その色と同じ花に1月のこの時期に会える訳ですから、例えて言えば憧れの人に思いもかけない場所で会ったような気分です。

 この「寒緋桜」の別名は「元日桜(ガンジツザクラ)」「薩摩緋桜(サツマヒザクラ)」というそうで、旧暦でいうとちょうど元日の頃に咲いたからでしょう。

 
 それにしても山頂から麓に向かって開花が進むというのは不思議です。


 🌸 沖縄の桜が変な事、その2 

 それは沖縄の北部から先に咲くという事です。これも私たちの常識とは違っています。桜前線は南から北へが常識でしょう。

 寒緋桜は一度冷たい空気に触れて、暖かくなると蕾を開くそうで、北部の方が冷え込みあるから、早く咲くのだそうです。不思議ですね。

 ですから山の麓よりは山頂の方が冷える訳ですから、これも北から咲き始めるのと同様で、納得のできる咲き方です。

 面白いですね。私たちの桜前線のとらえ方と全く違っています。

 
 次はプロ野球の沖縄キャンプの場所(2017年)です。

 これで行くと、最初に桜を見るのは日本ハムの選手で、読売巨人軍の選手たちが最後ということになるでしょう。

 

沖縄キャンプ地

 (たびらい沖縄 より)


 
 そういえば毎年、交流の試合をする頃、「満開の桜に囲まれていますここ沖縄市の球場からお送りします」なんていう言葉が聞かれます。

 「球春」という言葉があります。今年ももう間もなくですね。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!


ホームページ制作
業界最安6万円!
初期制作費用を還元!
さらに2年間更新費無料!

詳しくはこちらのリンクを参考にしてください。

カテゴリー

月別アーカイブ