桜を追う旅(10)東照宮と華厳の滝は〇〇べき

旅行

桜を追う旅(10)東照宮と華厳の滝は〇〇べき
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

日光東照宮と華厳の滝は〇〇べき

 訪ねて行く先は、多くの人がそうだと思われるが、事前に資料等でしらべておくのが常であろう。今回、調べた資料では「日光街道」には16kmに渡る桜並木があると書かれている。主に山桜とある。
 
 おそらく、当時は切れ目なく続いていたのかもしれないが、今は途切れとぎれである。が、山桜が主でもこれだけ続けば見応えはある。なるほど「桜街道」であると感じた。古の人達は歩きながらこれを眺めただろうから、おそらく延々と続く桜並木に感じたかもしれない。

 現代人の我々は普通に歩けば、1時間で4キロ。少し速足であれば(多分昔の旅人も)時速6キロくらいで行けるかもしれない、だとしても3時間近くも桜並木が続くのだから見事と感じたろう。。

 「華厳の滝」も初めて訪れたが、紅葉の時の写真ばかり見ていたので、何だか味気ない。比較するものもないから、とても100メートルもの瀑布にも思えない。それはエレベーターで100メートル下まで行ってもその感覚は変わらなかった。だからここに写真を載せることもはばかれる。

 中禅寺湖へ行った。ここには十数年前に来ている。近くまで来たからついでにと思ったのだが、知らないこととはいえ恥ずかしい。華厳の滝は中禅寺湖から流れ落ちているのだ。従って距離的にも数百メートル。以前に来たのは箱根からで、今回は日光から。両方がつながらなかった私には苦笑あるのみだった。

 TVの中継で時折、中禅寺湖から見える富士山がよく映る。富士山も大好きなのでもしかしたらと期待したが、今回もだめだった。つまり前回来た時も見ることができなかったのだ。

 そこで半月山の展望台に向かう。だがここからも展望は開けなかったが、男体山の美しい姿を見ることができたのは収穫だった。

 最後に日光東照宮へ。これも有名な山門や本堂、薬師堂を見るが、華厳の滝と同様、華やかさを感じることはできなかった。スカッと晴れていないせいだろうか。

 隣の二荒山(ふたらさん)神社の境内に咲くピンクの花がやけに目立った。この花は当然桜だと思っていたのだが、このあたりでは有名な「八汐(やしお)ツツジ」だそうだ。花を見る限り、桜のような五弁の花である。このあと道路を走っていてもかなり目に付く花であった。

 この日の予定はすべて終わったので、福島へ向かって走り始めたら、すぐに交通規制に引っかかった。何でも「弥生まつり」ということで、花を飾った山車を時代がかった服装の老若男女がこれを引いている。夕方のニュースでこの祭りの名前を知った。

 私のこの旅行の主たる目的は桜、それも特にソメイヨシノである。東照宮も華厳の滝にもそれほど感激がなかったのは申し訳ない気がするが、それはそこに桜がないからなのかもしれない。改めて「桜を追う旅」であることを実感した。

 東照宮も華厳の滝も紅葉の季節が似合うようである。




藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ